知っていますか? 禁煙マメ知識



 40歳の双子の姉妹でこんなに差が出ることが考えられます。(写真はそのことを示すために作られたものです)

 喫煙者は、「Smoker‘s Face(スモーカーズフェイス)」という特有の顔つきになることが知られています。

 ポーラ化粧品の調査では喫煙で、5年も皮膚が老化する(5歳年老いてしまう)という結果が出ています。
 どんな化粧品を使うより禁煙がお顔の手入れには最重要です!

夫が喫煙者であれば、タバコを吸わない妻が肺ガンになる確率は、
夫が吸う本数に比例して飛躍的に増大します。

1.0
1.5
1.9

 妊婦が喫煙した場合には低体重児、早産、妊娠合併症の率が高くなります。

 妊娠中の女性がタバコを吸った場合、羊水(赤ちゃんの浮かんでいる液体)中の細胞には既に遺伝子異常がみつかると言う報告もあります。
 図表1および図表2に、妊婦の喫煙と出生児における体重ならびに身長の関係を示します。

 喫煙するお母さんは、何の罪もない子供に対する重大な影響を考える必要があります。

ニコチンは、タバコを吸って数秒で脳に達します。ニコチンには、快感を引き起こすなど、気分をコントロールする働きがあります。
しかし、その効果は一時的なもので、ニコチンが切れると急速にイライラや不安が募り、またタバコを吸わざるをえなくなるのです。
これらの変化は、脳細胞のレセプターの変異による反応です。
下の図は、依存形成のメカニズムと、喫煙とニコチンの血中濃度の関係を示したものです。